大会概要

大会名称 第4回 全日本山岳スノーシューイング・レース in 白山
(全日本スノーシューイング・グランプリシリーズ 2017 第1戦 白山大会)
開催日 2017年2月5日(日)
開催場所 石川県白山市白峰クロスカントリースキー場
公認 国際スノーシューイング連盟
主催 スノーシューDAYS in 白山 実行委員会
後援 国際スノーシューイング連盟、 白山市 他
協力 NPO 法人はくさん白峰スノースポット、 石川県スキー連盟、 白山しらみね自然学校、 ぶなもり自然塾 他
競技種目 ショート(6Km)男女 ⁄ ロング(15Km)男女
※積雪や天候等コース状況により変更の可能性があります
表彰 国際標準エイジグループに基づき記録証を授与します。
ショート(6Km)
Full Open(全年齢)クラス3位まで。
ロング(15Km)
Junior(~19歳)⁄ Open(20~39歳)⁄ Masters(40~49歳)⁄ Seniors(50~59歳)⁄ Veterans(60歳~)⁄ FullOpen(全年齢) 6クラス各3位まで。
参加費 ショート(6Km)4,000円 ⁄ ロング(15Km)7,000円(保険料含む)
スノーシューレンタル 1,000円(1日間)
参加資格
  • 自力で制限時間内に完走する自信があり、且つアクシデントに対し自己責任の負える中学生以上の者。及び、保護者が伴走し、完走できる小学生。
  • 未成年者は保護者の承諾を得ている者。
諸規定 本大会は、連盟Webサイトに掲載される最新のシリーズ実施要綱、本大会実施要綱、日本スノーシューイング・レース規則、全日本グランプリシリーズ運営規定、及び連盟、本大会主催・主管団体が定めるその他の規定、規則、要綱、細則に則って行う。
装備
携行品
スノーシュー
長さ53cm(21インチ)、幅20cm(8インチ)以上、かつ裏面は雪上を滑らない構造になっていること。
飲料水
装備チェックの対象とするが、水量は各自の判断。コース中に給水所は設けない。
服装
下着
保温性の高い吸汗・速乾性のもの(ポリプロピレン、ポリエステル素材)を推奨。
防寒着
フリースのベストなど保温性があり軽い物を推奨。
アウター
透湿防水性のパーカー、ウインドブレーカーを推奨。
シューズ
ランニングシューズ、軽登山靴(走れるように適度な深さと柔軟性を有するもの)など各自で判断する。防水のランニングシューズにスパッツ(ゲイター)を併用すると快適。
その他
サングラス、帽子、手袋などの防寒品。ポール(ストック)の使用は禁止。
その他 内容については、状況により変更が出る場合がある。最新の情報は、本公式サイトを参照。
グランプリ
グランプリチャンピオン
本大会は全日本グランプリシリーズの公認加盟大会。全3加盟大会の対象種目に参戦した選手の中から、「全日本グランプリシリーズ運営規定」に則って、日本スノーシューイング連盟がグランプリチャンピオンを選出、表彰する。
グランプリ対象種目
白山 ⁄ 妙高 ⁄ 日光各大会:15km(Full Open)